最新のインビザライン治療で歯並び綺麗|歯のトラブルは歯科で治そう

歯ブラシを持つ女の人

治療の種類

インプラント

矯正歯科では、インビザラインやインプラントだけでなく、様々な歯科矯正手段が活用されます。その中でも最も主流で実績が高いのがワイヤーを使ったブラケット矯正と呼ばれるものです。これは、ブラケットにワイヤーを通し、そのワイヤーを締め上げる事で少しずつ歯を動かすという方法です。最も一般的な方法として使われますが、治療中には歯の全面にワイヤーやブラケットが見えるため、審美面での問題があるとされます。このワイヤーやブラケットを外部から見えない様にと考えられたのが、舌側矯正と呼ばれる方法です。通常は全面に出ている矯正器具を歯の裏側に全て持っていくという方法で全面からは矯正が全く見えません。しかし、装着時の違和感の大きさや治療期間の増加というデメリットも存在します。他にも、ちょっとした隙間を埋めるという場合には、クイック矯正と呼ばれる方法が活躍します。これは、ラミネートベニアやクラウンなどで使った人工歯を使った矯正方法です。しかし、歯並びを良くする事はできますが、実際には歯を動かすわけではありません。顎の形が悪く、通常の矯正が難しい場合などには外科的手術を行い顎の骨を取るというケースもあります。これは、完全に外科的な手術となるため、本格的な手術をする事になります。治療効果は大きい反面、一部の専門的歯科医院でなければ治療が行われていません。これらの矯正治療に加え、マウスピースを使ったインピザラインという方法の人気が高まっています。インプラント方式の歯科矯正も近年では人気がありますし、矯正歯科は豊富な技術で歯の矯正を行っているわけです。